太陽光発電 導入ガイド
買い方・選び方と業者やパネルの比較ポイントを解説

太陽光発電 導入ガイド > 太陽光発電で環境問題の改善に貢献できる!

太陽光発電を選ぶ3つのポイント太陽光発電を選ぶ3つのポイント

太陽光発電は環境に良い

太陽光発電は環境に良いとされています。その理由について解説します。環境問題が気になる、原発廃止など社会問題を改善したいならまずは自分で出来ることから始めましょう。それが太陽光発電です。

太陽光発電は環境問題の改善に貢献できる

a1190_000013.jpg太陽光発電は、環境に貢献できる以下のメリットがあります。

  • 発電時に温暖化の原因となる二酸化炭素を発生しない
  • 発電時に火力発電に使用されている化石燃料(コスト・エネルギー)が不要
  • 遮熱効果があり、屋内環境が快適に(夏場のエアコン節電に繋がる)
  • 電力が屋内モニタで見える化され、電力使用の調整ができることで節電や省エネに繋がる太陽光発電とは、一言で言えば太陽の光を家で使用する電気に変換してくれる装置です。

東日本大震災、福島第一原発事故によるエネルギー不足が問題となっています。震災前までは費用対効果が太陽光発電を設置する目的として多かった日本ですが、震災後は上記のような環境に貢献できる理由が導入する意識として増えてきています。

普及すれば原発も廃止可能?

原子力発電廃止のデモなどが起こっていますが太陽光発電はこういった社会問題・環境問題に対して一役買える存在です。家庭の電力を太陽光発電で賄えればコストが安いとされる原子力発電を作らなくてすむでしょう。太陽光発電の普及がこういった問題を解決に近づけるのです。ただ、全家庭に普及させるのはどうしても困難ですので、ドイツなどで売電の単価がかなり高かったりするなど国がどこまでサポートできるのかが今後の課題になりそうです。

太陽光発電は企業の環境問題の取り組みの一つ

家庭だけでなく企業・法人も太陽光発電に取り組む例が出ているようです。田舎など設置スペースが空いている土地に巨大なパネルを設置して電気を売る、そんなビジネスが広まりつつあります。また、ビルの屋上に設置するなどしてビル内の管理施設の電力を賄うなどを動きもあるようです。

太陽光発電を導入して環境問題に貢献しよう

まずは導入しないことには始まりませんので環境問題をなんとかしようという方は見積もりからスタートです。一人だけやっても何もできないと思いがちですがみんながそういう気持ちにならない限りは何も進みません。多くの人が同じ気持ちになって環境問題を考えられると良いなと思います。