太陽光発電 導入ガイド
買い方・選び方と業者やパネルの比較ポイントを解説

太陽光発電 導入ガイド > 電気代値上げに対抗!太陽光発電を導入するなら今がチャンス

太陽光発電を選ぶ3つのポイント太陽光発電を選ぶ3つのポイント

太陽光発電は経済的にもお得

太陽光発電の魅力の一つとして、やっぱり電気代の節約、さらには売電による利益が得られることですね。東日本大震災、東京電力の電気代値上げの問題で今後は電気代が安くなることはなさそうです。むしろ値上がりが進むとみられるので太陽光発電を導入するなら今がチャンス、逃さないようにしましょう。

電気代が値上がりする今、太陽光発電を設置する好機

a0002_004055.jpg電気代の値上げはすぐそこまで迫っています。企業に対しては値上げを申告しています。(2012年4月時点 東京電力のプレスリリース)

福島第一原発の事故以来、各地域の原子力発電の停止や運転再開見直し電力が不足しています。また原子力発電に代わる火力発電原油においては、LNG(液化天然ガス)や石炭の資源価格が高騰しており、今後電気料金の値上げが予測できます。このような状況で太陽光発電の設置は、絶好の好機。家計を助けてくれる理由は以下のとおりです。これは重要なことですので注意してお読みください。


・わたしたちが支払っている電気代に「太陽光発電促進付加金※1」が明細に入っており、太陽光発電の普及につれその負担も増えていく

  →つまり、太陽光発電を導入していない家庭から太陽光発電を導入している家庭に対してお金を払っているとも言えます。太陽光発電未設置の家庭との支払う電気代の差がひらいており、ある意味で無駄に損していると言えるでしょう。

・太陽光設置の初期費用の投資回収が10年といわれていますが、投資回収後も太陽光発電し続け、電力会社から購入する電気代を抑えられる

  →太陽光発電の投資回収の詳細は※2 また太陽光発電の寿命は約20年といわれ、10年経過した時点jんでメンテナンスを行う必要があります

・太陽光発電装置の導入補助金が継続することが決定した

  →国の予算額に達した太陽光発電設置の補助金制度ですが、現状より継続することが決定してます

※1 太陽光発電促進付加金:
低炭素社会の実現のため、国が家庭で発電しあまった電気(余剰電力)を購入する仕組みを促進させることを目的としている。要するに、国が買い取りする費用を国民全体で負担している制度。平成23年4月~国民の毎月の電気代に加算されています

※2 [ 太陽光発電初期費用の費用対効果の試算概要 ]
導入費用は3KW~4kWの発電に対し、相場は180万~250万となり約10年で投資回収ができる計算となります(10年前は3kWで約800万)。太陽光発電の仕組みの寿命は10年~20年でですが毎月の電気代は安く抑えられ、余剰電力(使いきれない電力)を10年間金額固定で1kW42円で売電できる制度が決まっています。そして電気代値上げが決まれば、高くなった電気代は太陽光発電で賄え償却期間が短くなります。償却後も電気代購入は少なくて済むため、時間の経過と伴に経済的なメリットが高まります。


節電は今後も必要

電気を太陽光発電で賄えばそれでおしまいというわけではありません。やはり節電はどうしても必要です。政府が言及する今後の脱原発の流れがある限り、節電は継続して行う必要があります。家庭においても節電意識を高めることがやはり重要になってきます。そこで、太陽光発電の装置を設置することで電気の使用量が見える化となり、家族に節電による環境や、節約の意識が高まる効果も期待することができます。

今が太陽光発電を導入するチャンスであり、きっかけです

太陽光発電を導入するなら早めに行うことにこしたことはありません。早めに導入できれば電気代としての負担は小さくて済みますし、単金の高い売電による利益も期待できます。

まずは見積もりからということで簡単で1分で見積りできるんですがちゃんと住所や電話番号を入力しとかないとダメみたいなのでちょっと本気で考えてみようかなと思う方は下記より見積りしてみてください。