太陽光発電 導入ガイド
買い方・選び方と業者やパネルの比較ポイントを解説

太陽光発電 導入ガイド > 太陽光発電の初期費用を安くする方法【補助金の適用がポイント】

太陽光発電を選ぶ3つのポイント太陽光発電を選ぶ3つのポイント

太陽光発電の初期費用と補助金について

太陽光発電の気になる初期費用、そしてそれらを値引きとして適用できる国・自治体からの補助金について解説します。

初期費用の目安と補助金情報の調べ方・補助金の合わせワザを活用しよう

太陽光発電の初期料金・コストははやり高いというのが現状です。太陽光発電のデメリットにも書きましたが初期費用が高いのでなかなか普及が進まないというのも現状です。しかし、補助金を適用することで初期費用が安くなるので自分の地域ではいくらになるのかしっかり把握して投資に見合った利益が出るのかを確認しましょう。

初期費用の目安

どういった太陽光パネルを設置するのか、メーカーはどうするかによって異なりますがたいていの場合、初期費用は200万円~250万円という見積もりが出てくると思います。これ以上に高い場合は何か家側に問題があるのか、金額をかなり高く設定されている可能性があります。まずは自分の家の場合はどうなのか一概にいくらとも言える話ではないですので太陽光発電の費用を調査する際、便利なのが一括見積りや販売店に問い合わせを行い見積りを取り寄せることが必要です。

初期費用を安くするには太陽光発電の補助金を利用する

見積もりを行う最、販売店の担当者は国はもちろん、地域ごとに異なる補助金や実施期間、国が定める買電金額まで把握していますので、効率的に費用や回収見込みを確認するようにしましょう。ちなみに2012年・4月の現時点、国の補助金は1kWにつき3万円、一世帯あたりに設置している太陽電池が平均4kWとなるので12万円支給される計算となります。また都道府県では埼玉県を例に見てみると4kW以上で10万円の支給で国と合わせ22万円となります(太陽電池2kW~4kWの出力は半額の5万円、新築及び2kW以下は補助金支給の対象外となります)。初期投資が約200~250万円が相場なので約1割を賄える計算です。1割といえでも数十万安くなるので補助金は申請するようにしましょう。

補助金の申請・適用で注意する点

補助金及び初期費用では以下のポイントが留意事項となります。

各都道府県で補助金の実施期間が異なる
(予算額によっては補助金対象者が抽選となる、または期間が早期に終了してしまう)

→販売店または実際に役所へ問い合わせし、補助金の受け取り見込みを把握する(役所によってはホームページに掲載していないケースもあります

市町村で補助金制度のある地域もある

→このエースの場合、国・都道府県・市町村の3箇所から補助金をもらえるので経済的メリットが高まります

各都道府県・市町村で補助金の条件や上限金額が異なる

補助金申請の流れについて

補助金の申請の流れ

上記の図のように申請者は太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)という組織に対して申請を行い、実際に国から補助金が太陽光発電普及センターを経由して交付されるということになります。

補助金の事例(東京都・神奈川県の場合)

具体的に財政規模の大きい東京都では、1kWにつき10万円の補助金が支給されるため、4kW発電と平均的なケースの場合40万円。東京都の場合は戸建だけでなく、集合住宅や法人も適用となります。さらに新宿区の場合、都の補助金に加え1kWあたり10万円の補助金があり、上限が30万円となりますので国からの補助金を合わせると82万円と、太陽光発電における自己負担金を4~5割と大幅に削減することが可能です。

しかし神奈川県の場合1kW当たりのシステム価格に対し交付する補助金が変動し、条件もことなります。1kW当たりのシステム価格が55万円以下のものは1kWあたり3万円。1kW当たりのシステム価格が47.5万円以下のものは3.5万円。4kW発電と平均的なケースの場合は2万円の差異となります。さらに市町村では1kWあたり5,000円~4万、交付可能な上限金額も2万~20万と大きな開きが発生している状況です。

見積もりを行って、補助金についても問い合わせよう

以上のように各地域で実施されている太陽光発電の補助金は大きく異なるため販売店に見積りを依頼し、見積りの詳細から都道府県・市町村へ最終的な確認をすると効率よく正確な補助金を把握することができます。

また、複数の販売店へ見積りを依頼することも重要なポイントとなります。理由は太陽光電池の性能や工事費により、初期投資費用に2~3割の差が生じるからです。具体的に太陽光電池はメーカーやブランドにより、曇りでも発電量が安定する等の機能差異があります。また設置業者によってトータル設置費用の中で工事費の占める割合も異なります。

以下より複数社への業者に無料で一括見積り依頼が可能です。(1分で出来ますので簡単です)