太陽光発電 導入ガイド
買い方・選び方と業者やパネルの比較ポイントを解説

太陽光発電 導入ガイド > 東京都の太陽光発電 補助金【最大限受給して初期費用を安くする】

太陽光発電を選ぶ3つのポイント太陽光発電を選ぶ3つのポイント

東京都の補助金

太陽光発電では補助金を受けることで初期費用の補填となる金額を国や自治体から受けることが出来ます。東京都の補助金を最大限受給して初期コストを安くする方法をお伝えしたいと思います。

東京都の補助金額について

更新: 2016-08-27 現在

補助金単価
10万円/1kW
住宅用太陽光発電システム
補助金の上限
100万円
※住宅1戸
事業期間
平成23年度、平成24年度
補助金対象条件
都内に住宅用太陽光発電システムを新規に設置された方(戸建・集合、個人・法人を含む)

上記は 2016-08-27 現在の情報であり太陽光発電の補助金額は年度単位で変更される可能性があります。更新され次第、当ページを更新致します。

最大限補助金を受給するには

補助金は上限が決まっているのでその金額まで受けられるように狙うことが最大限、補助金を受給するポイントです。では、どうするかというと1kWいくらという部分について上限を目指して設置するということですが、実際には太陽光パネルの料金も高まりますし、設置するスペースの問題もありますので最大で受けられるようにするには物理的な限界があります。

というわけで東京都で太陽光発電の補助金を最大限受給を受けるには他の都道府県でも共通ですが、下記の点を注意してください。これ以外にも都道府県別補助金一覧をご確認いただければと思いますが国の補助金も受けることが可能です。

・出来る限り発電電力量、○○kWの部分を大きくする
・都道府県の補助金だけでなく国の補助金、市区町村の補助金も調べて受けられるか確認する
※国、県、市区町村で重複して補助金受給が可能です(一部、制限がある可能性あり)

太陽光発電にかかる初期費用総額を把握しよう

太陽光発電は施工業者や太陽光パネルによって初期段階でかかる費用は変わってきます。さらには自宅の屋根の形状や面積、影のあたり具合などでも設置すべきソーラーパネルは何が適しているのか、そしてどの程度発電させたいのか、電気代をまかなえる程度、安くなれば良いと考えているのかによって初期費用は全く変わってきます。そういった要望、目的を踏まえた上で安く導入するには複数社の一括見積りを行って太陽光発電の総額を把握することがポイントです。その上で太陽光発電に適用できる補助金を引き算してどの程度安くなるのか確認してみてください。

都道府県別 太陽光発電 補助金情報

都道府県別で太陽光発電の補助金は異なりますので下記まとめていますのでご確認ください。

北海道地方

北海道

東北地方

青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県

関東地方

東京都 | 神奈川県 | 埼玉県 | 千葉県 | 茨城県 | 栃木県| 群馬県

中部地方

愛知県 | 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県

近畿地方

大阪府 | 和歌山県 | 兵庫県 | 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 奈良県

中国地方

鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県

四国地方

徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県

九州・沖縄地方

福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 鹿児島県 | 宮崎県 | 沖縄県